ABOUT
プロフィール

鶴澤津賀花 Tsuruzawa Tsugahana

福井県出身。1995年、武蔵野音楽大学音楽部音楽学学科卒業。

1998年、女流義太夫人間国宝の竹本駒之助に入門。2001年、国立演芸場にて初舞台。2006年、文化庁新進芸術家国内研修員として三味線を六世鶴澤燕三に師事。2007年、文化庁芸術団体人材育成支援事業研修員。(一社)義太夫協会新人奨励賞受賞。2009年、第10回(公財)日本伝統文化振興財団「邦楽技能者オーディション」合格。2011年、第24回(財)清栄会奨励賞受賞。2017年、第38回松尾芸能賞新人賞受賞。(一社)義太夫協会所属。横浜邦楽邦舞家協会会員。

GIDAYU
女流義太夫とは

義太夫節は、浄瑠璃(語り物の三味線音楽)の一つです。貞享元年(1684)、大坂の道頓堀に竹本座を旗揚げした竹本義太夫(1651〜1714)によって創始され、人形浄瑠璃だけでなく歌舞伎にも取り入れられ、大きく発展しました。何人もの登場人物を一人で語り分ける太夫、人物の心情や情景を弾き分ける三味線、その修行には長い年月が必要で、義太夫節は「音曲の司(つかさ)」(最高位)とされました。

人形浄瑠璃や歌舞伎で男性によって演奏される義太夫節ですが、江戸時代から座敷や寄席で女性による演奏も行われました。明治中頃には「娘義太夫」として、今で言うアイドルのような熱狂的な人気を誇り、明治の文豪たちにも愛されました。

現在では「女流義太夫」と呼ばれ、定期的に(一社)義太夫協会主催『女流義太夫演奏会』(国立演芸場・紀尾井ホール・お江戸日本橋亭)、若手女流義太夫演奏会『じょぎ』『ぎだゆう座』(お江戸上野広小路亭)を開催しています。通常、人形や役者を伴わない「素浄瑠璃(すじょうるり)」という形で演奏しますが、近年では日本舞踊の地方(じかた)や、八王子車人形、江戸糸あやつり人形、ひとみ座乙女文楽と共演するなど、活動の場が広がっています。

LIVE INFO
出演情報

  • 2022年5月1日(日)
    第124回じょぎ


    開場 18:00 開演 18:30


    「絵本太功記」夕顔棚の段
    浄瑠璃:竹本寿々女
    三味線:鶴澤津賀花

    会場
    お江戸上野広小路亭

    料金
    1,500円 (完全予約制)

    お申し込み・お問合わせ
    jyogi.gidayuza@gmail.com (前日まで)
    (一社)義太夫協会 (月〜金 11〜16時)
    TEL:03-6265-1880

    チラシ
    [ チラシを見る ]

  • 2022年5月5日(木)
    「花の会」

    本公演は完売しました。


    開場 13:30 開演 14:00

    お話 近藤瑞男 (共立女子大学名誉教授)

    素浄瑠璃「心中天網島」大和屋の段
    浄瑠璃:竹本駒之助
    三味線:鶴澤津賀花

    素踊り「花競四季寿」海女
    立方: 藤間涼花
    浄瑠璃:竹本綾之助
        竹本寿々女
    三味線:鶴澤津賀花
        鶴澤弥々
    囃子: 藤舎千穂
        堅田紗都子
        福原徹秋

    会場
    内幸町ホール

    料金
    4,000円 (指定席)

    お申し込み・お問合わせ
    鶴澤津賀花
    TEL:080-3406-3294
    E-mail:tsugahana0822@gmail.com

    主催
    「花の会」 鶴澤 津賀花 藤間涼花

    後援
    (公財) 日本伝統文化振興財団
    (一社) 義太夫協会

    タイムテーブル
    [ タイムテーブルを見る ]

    詞章
    [ 詞章を見る ]

    チラシ
    [ チラシを見る ]

  • 2022年5月10日(火)
    第一回 日本講談協会 講談協会 両派合同講談会

    本公演は完売しました。


    開場 12:00 開演 12:30


    出演者
    神田伊織
    一龍斎貞鏡
    神田伯山
    一龍斎貞橘
    神田紅
    (仲入り)
    両協会会長トーク
    神田松鯉
    竹本駒之助・鶴澤津賀花
    宝井琴梅
    ※出演順

    会場
    お江戸日本橋亭

    木戸銭
    予約3,000円 当日3,500円

    ご予約・お問合わせ
    お江戸日本橋亭
    03-3245-1278(平日10〜18時)

    チラシ
    [ チラシを見る ]

  • 2022年6月5日(日)
    第三回 竹本駒之助南あわじ市公演


    開場13:00 開演14:00 終演15:20 (予定)


    「新版歌祭文」野崎村の段
      浄瑠璃:竹本駒之助
      三味線:鶴澤津賀花
    ツレ・高音:鶴澤友勇
       ツレ:鶴澤友吉

    会場
    南あわじ市中央公民館

    入場料
    大人:前売券2,000円 / 当日券3,000円
    高校生以下:前売券,1,000円 / 当日券2,000円

    チケット販売窓口
    ・淡路人形浄瑠璃資料館(0799-42-5115)
    ・淡路人形座(0799-52-0260)

    主催・お問合せ
    竹本駒之助南あわじ市公演実行委員会(淡路人形浄瑠璃資料館内)
    〒656-0475
    南あわじ市市三條880番地
    0799-42-5115

    公演詳細
    公演詳細


    チラシ
    [ チラシを見る ]

  • 2022年6月20日(月)
    女流義太夫演奏会6月公演


    開場 18:00 開演 18:30


    「伊勢音頭恋寝刃」古市油屋の段
    浄瑠璃:竹本土佐子
    三味線:鶴澤津賀花

    会場
    お江戸日本橋亭

    料金
    3,000円 全席自由
    (会員・学生・障がい者手帳をお持ちの方:2,000円)
    ※定員になり次第締め切ります。

    予約受付
    2022年5月23日(月)10時30分より
    ※10時30分より前のメールは無効とさせて頂きますのでご注意ください。

    お申込み・お問合せ
    (一社)義太夫協会
    TEL:03-6265-1880
    メール:am-giday@gidayu.or.jp

    チラシ
    [ チラシを見る ]

  • 2022年6月24日(金)
    第三十回邦楽鑑賞会
    日本音楽の響き


    開場 18:00 開演 18:30


    「加賀見山旧錦絵」草履打の段
    浄瑠璃:竹本寿々女
    三味線:鶴澤津賀花

    会場
    牛込箪笥区民ホール

    入場料
    1,000円

    お申し込み
    各出演者 又は鶴澤津賀花
    ※当日券あり

    お問い合わせ
    nyodokai@me.com (神宛)

    主催
    新宿区邦楽連盟

    チラシ
    [ チラシを見る ]

  • 2022年6月26日(日)
    あつぎひがし座 第四十八回 人形浄瑠璃自主公演


    開場12:30 開演13:30 終演15:00(予定)


    「傾城恋飛脚」新口村の段
    浄瑠璃:竹本土佐子
    三味線:鶴澤津賀花
    人形 :あつぎひがし座
        厚木東高校人形浄瑠璃部ひがし座

    会場
    厚木市文化会館小ホール

    入場料
    入場無料 (要申し込み)

    お申し込み
    5/20(金)必着でハガキでお申し込みください。ハガキ1枚につき1名が対象になります。申し込み多数の場合は先着順になります。ご観覧いただける方には座席指定ハガキを6月初旬までに発送します。

    ※記入内容
    氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号
    解説で聞いてみたいこと、知りたいこと

    ☆送り先
    〒243-0004
    厚木市水引1-6-2-A102
    林田洋子宛

    お問い合わせ
    あつぎひがし座
    林田洋子:0462-22-4151

    チラシ
    [ チラシを見る ]

  • 2022年8月28日(日)
    第六回 酒都で聞く女流義太夫の会
    竹本駒之助 吉田和生 ー人間国宝の競演ー

    第六回 酒都で聞く女流義太夫の会
    竹本駒之助 吉田和生 ー人間国宝の競演ー


    開場14:30 開演15:00

    演目内容

    第一部
    人形浄瑠璃公演「良弁杉の由来」二月堂の段
    太 夫:竹本駒之助
    三味線:鶴澤津賀花
    人 形:吉田和生(渚の方)
        吉田玉佳(良弁僧正)

    第二部
    人間国宝対談
    竹本駒之助 × 吉田和生

    入場料
    ¥8,700 (全席指定88席)
    ※蔵出し限定酒(平常時)などのワインドリンク付き

    会場
    白鷹禄水苑 宮水ホール

    〒662-0926
    兵庫県西宮市沓掛町5-1
    TEL 0798-39-0235
    イベント詳細・お申し込み方法
    https://hakutaka.jp/blog/article.html?page=179

    主催
    「西宮発・今、伝統芸能」実行委員会

    共催
    白鷹禄水苑

    チラシ
    [ チラシを見る ]

[ 過去の出演情報はこちら ]

LESSON
稽古について

義太夫三味線を弾いてみませんか?

義太夫三味線(太棹三味線)は、日本の三味線の中でも特に、重厚な響きとその豊かな音色に特徴があります。和の習い事がしたい、日本の文化に興味がある、三味線を一度弾いてみたかったという方も、お気軽にお問い合わせください。

稽古
月2〜3回

稽古場
[横須賀]
京浜急行 堀ノ内駅より徒歩10分
曜日 応相談
[豊川稲荷文化会館]
東京メトロ銀座線/丸の内線 赤坂見附駅 B出口から徒歩5分
木・土曜日

稽古代
[横須賀]
1回¥4,000
[豊川稲荷]
1回¥4,000 (別途場所代¥1,000)

✳︎初回の稽古、又は1回のみの体験稽古は¥3,000で受け付けています。(三味線は無料でお貸しします。)

CD / DVD
CD・DVD

CD 女流義太夫三味線/鶴澤津賀花 「源平布引滝」九郎助住家の段

CD 女流義太夫三味線/鶴澤津賀花
「源平布引滝」九郎助住家の段
浄瑠璃:竹本駒之助(人間国宝)
三味線:鶴澤津賀花

(公財)日本伝統文化振興財団 第10回 邦楽技能者オーディション 合格者CD

日本の伝統芸能の継承と伝承に取り組む、若い世代の優れた邦楽演奏家を発掘することを目的として設立された、(公財)日本伝統文化振興財団「邦楽技能者オーディション」。その第10回合格者として制作されたCD。

¥3,300(税込)

CD 日本伝統音楽の粋/女流義太夫 「加賀見山旧錦絵」長局の段

CD 日本伝統音楽の粋/女流義太夫
「加賀見山旧錦絵」長局の段
浄瑠璃 : 竹本駒之助(人間国宝)
三味線 : 鶴澤津賀花

別名「女忠臣蔵」とも称される名作を、1時間を越えようという丸一段をライヴ録音したのが本盤である。音楽的には語りとユニゾンに近い太棹のリフ。唐突に切られる語りと太棹の拍節がもたらす緊張感。これこそ日本の語り芸の極地と云えるもの。 プロデューサー 星川京児 (ライナーノートより)

¥3,300(税込)

DVD 横須賀 女流義太夫演奏会〜人間国宝 竹本駒之助の至芸〜「加賀見山旧錦絵 長局の段」

DVD 横須賀 女流義太夫演奏会
〜人間国宝 竹本駒之助の至芸〜「加賀見山旧錦絵 長局の段」
浄瑠璃:竹本駒之助(人間国宝)
三味線:鶴澤津賀花

令和三年五月、女流義太夫三味線方の鶴澤津賀花が、女流義太夫人間国宝の竹本駒之助師を横須賀芸術劇場に迎えて開催された「横須賀 女流義太夫演奏会」のライブ映像。現在、義太夫語りの最高峰の一人と称される駒之助師の卓越した語りの表現力と、語りを支える津賀花の重厚な義太夫三味線の音色。時代物の大曲「長局の段」に師弟で挑んだ渾身の演奏をお届けします。 演奏前には、女流義太夫研究家の水野悠子氏が、二六○年にわたる女流義太夫の歴史を写真とともにわかりやすく解説。また特典映像として、稽古・楽屋風景に加え、「長局の段」の前段、「草履打の段」「廊下の段」を新たに収録しました。 芸歴七〇年を超える竹本駒之助師の語りの至芸と、女流義太夫の魅力を次世代に伝える貴重な記録です。

¥6,600(税込)

>DVD 淡路人形座50周年記念DVD 「玉藻前曦袂」道春館の段

DVD 淡路人形座50周年記念DVD
「玉藻前曦袂」道春館の段
浄瑠璃 : 竹本駒之助(人間国宝)
三味線 : 鶴澤津賀花

2013年に南あわじ市三原公民館で開催された、60年ぶりとなる「竹本駒之助 里帰り素浄瑠璃公演」。その際の演目である「玉藻前曦袂 道春館の段」を、翌2014年に東京で収録した映像。「道春館」全段の収録映像は初演以来、本作が初となる。

¥4,000(税込)

CONTACT
出演依頼

メールにてお問い合わせください。

問い合わせる

FOLLOW ME